あがり症の克服と人前で話す練習なら「京都あがり対策話し方教室」

あがり症の対策に重点を置き、実際に使えるあがり対策の知識と、実戦形式での練習ができる教室です。

Org

ホーム京都あがり対策話し方教室ブログ ≫ 京都あがり対策話し方教室では、「間」を取りながら話す練... ≫

京都あがり対策話し方教室ブログ

京都あがり対策話し方教室では、「間」を取りながら話す練習ができます。

「相手に聞きやすく話すためにはしっかりと「間」をとりましょう?」と聞いたことはないでしょうか?
 
しかし、言葉でいうことは簡単ですが、「間」を取るということは非常に難しいことです。
 
初めて京都話し方教室にいらっしゃる方で、話に淀みなく、この方は本当に「あがり症なの?」と思うほどしっかりと話される方はたくさんいます。
 
しかし、それでも「間」を使いこなせている方は、ほとんどいません。
 
先日、受講者で、「自分は間を取れていないことが分かりました。間を開けることが怖く感じて、今までできませんでした。」という方がおられました。
 
あがり症の方は、聞き手からのプレッシャーを恐れているため、「間」を開けて、反応を待つことが怖いのだと思います。
 
しかし、間を取らないと、話が矢継ぎ早に進んでいくことになります。場合によっては、聞き手は、自分が話を聞くタイミングに合わせてもらえず、置いてけぼりにされてりうような印象を受けるかもしれません。
 
「間」取るということは、相手が話の内容を受け取れるかを、確認しながら話すということでもあります。(その分、相手の反応を見ながら、話すということはとても怖いことだとは思います。)
 
ですので、相手のことを確認しながら話せれば、自然に間も取れるようになります。
 
京都あがり対策話し方教室のような話し方教室は、試す場ですので、自分の話を相手が受け取っているか、反応を見ながら話す練習をする事ができます。
 
相手の反応を見ながら話すことに慣れると、怖さも取れてきて、自然に間を取りながら話せるようになるでしょう。

京都
あがり対策話し方教室


[電話番号]
050-7132-8181


[受付時間]
11:00〜19:00


[定休日]
月曜・日曜・祝日


教室概要はこちら 講座会場はこちら

モバイルサイト

京都あがり対策話し方教室スマホサイトQRコード

京都あがり対策話し方教室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!